クレプトマニアについて、多くの方に知ってもらいたい!

当事者コラム,わたしの歴史

当事者として、多くの方にクレプトマニアについて知っていただくために啓蒙活動をしています。セミナーや施設内研修など、お気軽にお声掛けください。(問い合わせフォーム

自己紹介

高橋 悠(タカハシ ユウ・活動名):1982年東京生まれ 摂食障害・クレプトマニア当事者 Xジェンダー(F t X)  理学療法士・ケアマネージャー ASK認定依存症予防教育アドバイザー

<経歴>
中1で摂食障害を発症、中学1年時には入院も経験する。その後は高校・大学・専門学校に進学し、摂食障害の問題を抱えながらも理学療法士として勤務する。
2017年、35歳でクレプトマニアを発症し、約2年間、万引きがやめられない生活を送る(逮捕歴4回、不起訴処分)。2回目の逮捕後に通院・自助グループへの参加を開始するもやめられず、3回目の逮捕後に入院を決意。2019年4月から3か月の入院生活を経て、万引きを手放し、盗らないクレプトマニアとなる。
2019年12月、クレプトマニアによる万引きを減らすことを目指し、当事者サイト「クレプトマニアからの脱却」を開設。自身のクレプトマニア経歴や依存症・クレプトマニアの基礎知識、盗らないための工夫や考え方、仲間の体験談など140本以上の投稿を掲載している。
2021年11月にはNPO法人ASKによる「厚生労働省補助事業・依存症予防教育アドバイザー認定講座」を受講し、依存症予防教育アドバイザーとなる。
2022年2月、オンライン自助グループ「Room K」開設。2024年1月現在、約300人のクレプトマニア当事者が登録している。

その他にホームページからのメール相談(本人、家族、支援者など)、医療機関への当事者メッセージ、受刑者との文通、イベントや学校での講演、施設内研修での講師などの当事者活動を行っている。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ABLVV84fZ2pxx-XAydc3hrvoAW9nqGFOJOmBz7xF7avCC-EugQfUXUrvgDYiX9ddpkhheFJyfTVBt_trtHZAhGrz-RvBoITRr1bW2GITl-Q8vXmfFbN6ekMLui5XzfZ-dJS-uxsMP1LYa5ELIA65fOSYYgSRoQ=w1535-h869-s-no-gm
養成講座の様子12

こんなことができます!

クレプトマニア・摂食障害当事者、ASK認定依存症予防教育アドバイザーとして、体験談を交えた講演を行っています。会場でも、オンラインでも大丈夫です。また、院内・施設研修など、支援者向けの講習・相談も可能です。

時間・費用など詳細については問い合わせ、もしくはメール:kleptomania.dakkyaku@gmail.comまでお気軽にご一報ください。

<具体的な内容>
・依存症に大切な3つの予防
・クレプトマニアとは?~わたしのクレプトマニア経歴~
・摂食障害とクレプトマニア
・わたしが万引きを手放した方法
・依存症からの回復を目指し、こころがけていること
・理学療法士が考える依存症のリハビリプラン
・当事者が考えるクレプトマニアの再犯予防に有効な刑罰とは?
・セクシャルマイノリティとしての生きづらさ  など

活動歴

<医療機関・施設>
赤城高原ホスピタル、京橋メンタルクリニック、榎本クリニック(大船・大森)、昭和大学付属烏山病院、ジャパンマック福岡、横浜リカバリーコミュニティ

<教育機関>
・中央大学法学部(犯罪学)・立正大学法学部(刑事政策)

<セミナー講師>
・大船榎本クリニック「加害行為と自傷行為」 オンライン連続セミナー
・中央大学犯罪学研究会、警察政策学会社会安全政策部会
・東京社会福祉士会、司法福祉委員会研修会
・ぷれいす東京ボランティア研修

<イベント>
摂食障害を考えるー私たちの主張2020ー、北九州リカバリーパレード、ASK依存症オンラインフォーラム2021・2022・2023、横浜リカバリーパレード、GAコスタ稲毛美浜グループ3周年OMS、ヒューマンライブラリー(@青山学院大学)、第73回社会を明るくする運動

<メディア掲載>

「それでも、浮き輪を投げ続ける」クレプトマニア、摂食障害、Xジェンダー…「当事者」の自分にできること(Addiction Report:2024.02.08)
窃盗症の女性が“謝罪と弁償”を被害店に申し出た結果…「優しさが逆に痛かった」(日刊SPA:2023.09.15)
盗んで心の穴を埋める「クレプトマニア」 医師「真面目で融通の利かない人こそ注意」(AERA:2023.09.11)
「助けを求めてほしい」摂食障害からクレプトマニアになった「Xジェンダー」の願い(弁護士ドットコム:2022.02.06)
「万引きをやめたい」と思えない私 「どうせ捨てられる」と言い訳(朝日新聞社 withnews :2022.01.14)
盗みに依存する窃盗症「クレプトマニア」からの脱却 648日目の闘い(あいである広場:2021.03.18)