万引きを減らしたい

クレプトマニア, 窃盗症, 依存症, 万引き, 摂食障害, 過食嘔吐, 当事者, 贖罪, 情報発信, 回復, やめられない, 止まらない

「加害者であれ、被害者であれ、その関係者であれ、万引きで悩む人を減らしたい。」
「クレプトマニア(窃盗症)を知ってもらうことで万引きを未然に防ぎたい。」
クレプトマニア(窃盗症)についての情報発信で万引きを減らすことができるはず。

「クレプトマニア」をご存じですか?

日本語では「窃盗症」・「病的窃盗」などと言われます。
簡単に言えば、「盗みがやめられない」状態です。
万引き、置き引き、スリ、ロッカー荒らし…など、その窃盗行為は多岐にわたります。

クレプトマニアは依存症です。
「盗む」という行為に依存している状態で、やめたいと思っても本人の意志ではどうにもならない状況に陥っています。

クレプトマニア当事者です

わたし自身がクレプトマニアです。
摂食障害(過食嘔吐)もあります。
以前は自分が食べるものを万引きしていました。
今は症状が落ち着いていて、盗らない一日を積み重ねることができています。

以前のわたしは毎日のように万引きをしていました。
警察にもお世話になりました。それでもやめられませんでした。
自分ではどうしようもできない状態から、入院生活を経て盗らない一日を送れるようになりました。
その一日一日を積み重ねて、今に至ります。

依存症は一生お付き合いしていかなくてはいけない病気です。
決して治ったわけではありません。
今は症状が治まっている状態であって、再発への不安は常にあります。

かなわなかった贖罪

毎日のように万引きをしていたときは、罪の意識が乏しい状態でした。
それが医療機関での治療や仲間たちとのミーティングなどを経て、被害店舗に対し、大変申し訳ないことをしたという気持ちを強く持つようになりました。
そこで被害店舗に対し、返金をしたんです。
覚えている限りの範囲で、万引きをしてしまったお店に対し代金と謝罪金を送りました。
お金を送ることで、過去の過ちを清算し気持ちを楽にしたいという思いがあったのも事実です。

しかし、半分以上のお店からそれらのお金は戻ってきました。
今更、お金を払えば済む話ではないんですよね。
お金で過去を清算しようなんて考えは、甘いんだなと痛感しました。

今のわたしにできることは何か?

過去の出来事は変えられません。
でも、ご迷惑をかけた店舗に罪償いがしたい。
そのために今のわたしにできることは何か?
そう考えたとき、万引きを未然に防ぐことなのではないかと考えました。
わたしが盗らない1日を積み重ねていくこと、そしてほかの人の万引きを未然に防ぐこと。
そのためにクレプトマニア当事者であるわたしができることは何か…。

その中で考えたのが情報発信です。

クレプトマニアはまだまだ社会的認知度は高くなく、自分がそうであると気づいていない人も多くいます。
多くのクレプトマニアは、万引きを自分の意志でコントロールできないことに悩んでいます。
「“やめられない“ことに悩むというよりも、“やめたい“と思えていないことに悩んでいる。」
「本音を言いたいけど言えない。なぜなら理解してもらえるわけがないから。」
そういう考えている人もいると思います。

少なくともわたしは、そんな感じでした。

1人で悩み、「自分で何とかしないといけない」と思うことはさらに自分を追い詰めます。
精神的に追い詰められ、ますます万引きがやめられないという負のスパイラルにはまります。
こういうときに、「クレプトマニア(窃盗症)」の存在を知ることができれば大きく状況が変わります

情報発信で万引きを減らせるはず

同じ悩みを持つ仲間の存在は、気持ちを楽にさせます。
悩みを共感してもらうことで救われる部分がたくさんあります。
盗らない生活を送ることができている「先行く仲間」の存在は心の支えになります。
これって、当事者だからこそできることなんじゃないかと思うんです。

クレプトマニアの存在を知り、共感ができ気持ちが楽になることで万引き衝動が軽減することは十分考えられます。
「毎日盗っていた生活が、今日1日はガマンできた」、
「2日に1回は万引きしていたけど、3日に1回になった」、それでもいいんです。
万引き被害を減らすことができていますから。

また、本人や周囲がクレプトマニアと気づくことで適切なサポートにつながることができるかもしれません。

お店や保安員の方がクレプトマニアについて知っていれば、クレプトマニアが疑われる加害者にその可能性を伝えられます。
「万引きがやめられないのは依存症の影響かもしれない」とわかれば、罪の重さは同じでも、再犯を防止するための対応が変わってきます。

情報発信をすることで、万引きを減らせるはず。
このサイトを運営する目的は「万引きを減らすこと」です。

これが、わたしなりの贖罪です。

依存症でも犯罪は犯罪

クレプトマニアの依存行為は犯罪行為です。
被害者のいる犯罪行為であり、病気だからと言って許されるものではありません。
同じ依存症のギャンブル依存症で借金を作った人がその返済義務を負うのと同じように、クレプトマニアも罪を償うべきだと思います。
病気を理由に罪を軽くしてほしいということを言いたいのではありません

ただ、万引きなどの窃盗を繰り返してしまう理由・原因が違えば、再犯の防止方法が異なります
クレプトマニアの窃盗行為は、罰するだけでは再犯予防効果はほとんど期待できません。
それは依存症という脳の病気だからです。

罰を与えると一時的には止まることが多いですが、のど元を過ぎれば多くの場合再犯します。
依存症が原因であり、本人の意志だけではどうにもならないからです。
適切な医療機関や自助グループにつながるなど、回復に向けた取り組みが必要です。
万引きがやめられず、3回服役、その後クレプトマニアだとわかり治療に取り組み、盗らない生活を送れるようになったなどという例もあります。

窃盗に依存しない生活を送れるようになれば、被害者も加害者もその苦しみから救われます。
クレプトマニアによる万引きを減らすことで、少しでも多くの苦しみを減らしたいと考えています。

2020年7月26日思うことあれこれ

Posted by You Takahashi