盗らないための工夫 ~仲間たちのアイディア~

2020年10月21日

クレプトマニアの人たちが行っている盗らないための工夫をご紹介します。人によって合う・合わないがありますが、参考にしてみてください。

また、こんなアイディアがあるよという方はぜひ運営者までご連絡ください。随時更新していきます。コメント欄に書いていただいても結構です、よろしくお願いします!

お店選びの工夫

警備の厳しいお店は、クレプトマニアにとっては安全な店。わざと「万引きしたら捕まりやすいお店」を選ぶようにしています。

行くお店を決めていて、そこではママ友さんが働いているんです。もし捕まったらママ友仲間や子供にも知られてしまうと考えると、ちゃんと買わなきゃと思えます。

いつも行くコンビニのオーナーさんとよく挨拶し、仲良くなりました。お店の経営が大変という話を聞いて、万引きはダメだと気を引き締めています。

買い物の時の工夫

わたしはTwitterを活用して、仲間に応援してもらっています。お店に入る前にTwitterにいってきますとつぶやき、買い物後には無事報告のつぶやきをします。仲間にいいね!してもらうことで、次も盗らずに頑張ろうと思えますよ。

お店に入る前に、カバンについている孫の写真のキーホルダーを見て、絶対に盗らない!と言い聞かせます。万引きして捕まったら、かわいい孫に見せる顔がなくなってしまいますから。

お店に入ったら、店員さんに積極的に声をかけています。今では顔を覚えてもらっているので、何かしでかしたらすぐにバレますし、親近感も湧いているので盗りたいとは思いません。そういう環境作りが大事なんじゃないかなって思ってます。

買い物の時はイヤホンで音楽を聴きながら買い物をしています。こうすると周りの音が聞こえず人の気配を感じ取れないので、良い意味でビビッて盗る気がおさえられるんです。好きな曲を聞いていれば、リラックスして落ち着けるという効果もありますよ!

買い物するときは、不用意に手が出ないようにするために後ろで手を組んで歩いています片手でもう一方の手を握るようにしているという仲間もいますよ。

長袖の時は、袖の間に商品を入れてしまわないようになるべく袖をしぼります。ズボンやジャケットのポケットも内側から縫い付けて、ものを入れられないようにしています。

わたしはエコバッグの代わりに風呂敷を利用しています。風呂敷なら袋状になっていなくて、台がないとモノを入れられません。エコバッグ利用によって万引きが増えたと言われていますが、そんな誘惑に負けないためにも風呂敷利用を続けたいと思います。

盗らないための工夫はこちらでもご紹介しています。