このサイトで使用することばについて

クレプトマニア, 窃盗症, 依存症, 万引き, DSM-5, 窃盗, 犯罪, 回復, 窃盗癖, 病的窃盗, やめられない, 止まらない

このサイトでは「クレプトマニア」、「万引き」ということばを使用しています。
その理由をご説明します。

「クレプトマニア」を使う理由

窃盗行為がやめられない状態を表すことばとして、「クレプトマニア」・「窃盗症」・「窃盗癖」・「病的窃盗」などがあります。

医療機関で多く用いられている、DSM-5におけるクレプトマニアの診断基準に基づいて正確に「クレプトマニア」を定義すると、病的に窃盗を繰り返す人の大半がクレプトマニアには該当しません。
「窃盗症」という方が正しい表現に近いと言えると思います。

(クレプトマニアについての詳しい説明はこちらをご覧ください。→クレプトマニアとは?

しかし、「クレプトマニア」ということばが多く報道されており、このサイトではより多くの人に情報を届けるために「クレプトマニア」ということばを使うことにしました

「万引き」を使う理由

万引きとは買い物客を装って、代金を支払わずに無断で商品を持ち去る行為のことです。

刑法に「万引き」という表現は使われておらず、その行為は罪名で言えば「窃盗罪」であり、立派な犯罪です。

(万引きが犯罪であることの説明はこちらをご覧ください。→万引きは「窃盗」、立派な犯罪行為です

「万引き」という表現は罪を軽く感じさせるため、きちんと「窃盗」と表現すべきだという意見もあります。

このサイトでは、クレプトマニアという依存症は身近に存在しうることを伝えるため、より馴染みやすい「万引き」ということばをあえて使っています。
そこに病気を理由に罪を軽くするという意図はありません

2020年2月3日思うことあれこれ

Posted by You Takahashi