オンライン自助グループ「Room K」を開催中!

回復への取り組み

毎週月曜にクレプトマニア当事者のみが無料で参加できるオンラインミーティングを開催しています。

「依存症オンラインルーム」とは?

「依存症オンラインルーム」は、ASK認定依存症予防教育アドバイザーによる依存症の進行・再発予防をめざす自主活動、いわばオンライン上の自助グループです。アルコール・薬物・ギャンブルの当事者や家族などが運営したものから始まり、現在はA・D・N・G・NGの5つのルームと3つの連携したルームが運営されています。「Room K」は2022年2月から連携したルームとして運営しています。

「依存症オンラインルーム」の特長はホストが全員、ASK認定依存症予防教育アドバイザーであることです。2021年12月にこのサイトの運営者 高橋 悠がアドバイザーに認定されたことを受け、ルームを立ち上げました。各ルームは独立して自主的に運営しており、お互いにゆるく連携しています。また安全性の確保のため、参加には簡単な自己紹介をメールで送ってもらい、受付後に、チャットルームやミーティングに招待する方式をとり、ZoomのID・パスワードは一般公開していません。

※ASK認定依存症予防教育アドバイザーとは?

「Room K」について

クレプトマニア当事者のみが参加できるzoomを用いたオンラインミーティングです。少しでも多くの窃盗の問題を抱える仲間がつながってほしいと考えています。開催時間は毎週月曜19:30~21:00です。

・zoomを用いたオンラインミーティングで、参加無料です。操作方法についても文面でご指導します。

・窃盗の問題を何とかしたいという思いがある当事者であれば、どなたでも参加できます(クレプトマニアという診断は必要ありません)。

・参加できるのはクレプトマニア当事者のみ、「言いっぱなし・聞きっぱなし」のミーティングです。

顔出しなし、聞くだけの参加も可能です。

・宗教的な印象を与えることばを使用した文章の読み合わせは行いません。

・ミーティング終了後にはフェローシップ(雑談交流の場)も設ける予定です。

・ミーティング以外にもLINEオープンチャットでつながりを作り、情報交換などを行っています。

こんな人にもおすすめです!

・自分以外のクレプトマニアを知らないので、話を聞いてみたい。

・自助グループのミーティングに参加したいが、会場ミーティングが近くにない、時間が合わない。

・会場ミーティングに参加するのはちょっと不安、まずはミーティングの雰囲気を知りたい。

・窃盗衝動が強く、会場までの移動に不安があるがミーティングには参加したい。

・移動時間を利用したり家事をやりながら、聞くだけでも参加したい。

・入院中はミーティングがあるが、退院後には近くに自助グループがなくミーティングに参加できなくなってしまう。(このような方は入院中から参加し、操作方法になれておくことをお勧めします。)

・以前ミーティングに参加したが、宗教的な印象があり足が遠のいてしまった。(注:AA・KAなどのアノニマスグループはプログラムの内容から宗教的な印象を抱く方もいらっしゃいますが、宗教ではありません)

・何かあった時に相談できるチャットつながりがほしい。

参加してみようかな…と思ったら

定期的に参加できなくても、まずは登録していただくだけでも構いません。

Room Kに関する問い合わせ・参加申し込みについては「ASK認定依存症予防教育アドバイザー特設サイト 依存症オンラインルーム」のRoom Kの参加申し込みフォームからお願いいたします。

依存症オンラインルームポスターはこちら→

関連する項目はこちらです。