クレプトマニアの自助グループ

クレプトマニア, 窃盗症, 依存症, 万引き, 当事者, 回復, 仲間, 自助グループ, KA, ミーティング, 共感, やめられない, 止まらない, 継続

クレプトマニアなどの依存症治療に効果的とされているのが自助グループです。
わたしもクレプトマニアの自助グループであるKAに通い続けており、仲間から大きな力をもらっています。

自助グループとは

自助グループとは「なんらかの障害・困難や問題、悩みを抱えた人が同様な問題を抱えている個人や家族と共に当事者同士の自発的なつながりで結びついた集団(Wikipediaから引用)」です。
特定の障害など共通の問題を持つ者同士が互いに励ましあいながら、その問題を様々な形で克服していくために活動しています

もともとは1930年代のアメリカでアルコール依存症の仲間が集まって始まったもので、日本でも依存症の自助グループなどが活動しています。

病院に通っていなくても本人の回復したいという思いがあれば参加することができます
また、自助グループへの参加は、医療機関での治療と並行して行うことも可能です。

自助グループの主な取り組みはミーティングへの参加です。

自助グループ(ミーティングへの参加)の効果

依存症の回復には自助グループへの参加が効果的と言われています。

クレプトマニアに効果的な薬物療法はなく、自助グループなどのミーティングが治療の中心に据えられることが多くなります。

ミーティングへ参加する目的は、他のクレプトマニアの話を聞いて共感したり、他人の姿を通して自分の病気への認識を深めることなどがあります。

依存症は社会的マイノリティが抱えた問題であることが多く、人前で話しにくかったり、話しても理解や共感を得られにくいものです。
犯罪行為であるクレプトマニアは特にその傾向が強いです。
しかし同じような問題を抱えた当事者同士なら、お互いの経験や考え方に理解できるものが多く、共感を得ることができます
自助グループで自分を受け入れてもらい居場所を得る体験が、自分で自分を受け入れることにつながっていきます
そして自助グループへの参加を継続することで、受け入れがたい現実と向き合う力がついてくると考えられています。

また先行く仲間(回復者)に出会うことができ、自らの回復の可能性を感じたり、信じることができるようになる人もいます。

クレプトマニアなどの依存症を1人で回復させることは大変難しいです。
ミーティングで窃盗がやめられないことの苦労や回復の喜びを分かち合うことは、とても気持ちを楽にさせます
悩みや回復の喜びを共有できる仲間の存在が、回復の助けになると考えられているのです。

クレプトマニアの自助グループ KA

クレプトマニアの自助グループとして KA(Kleptomaniacs Anonymous) があります

KAのAnonymousは「無名の」・「匿名の」・「名を伏せた」という意味があります。
自助グループであるKAはその名の通りanonymity(匿名性)を大事にしています。
参加者は anonymous nameと呼ばれるニックネームを自分で付けお互いにそれで呼び合うことで匿名性を保っています。

参加できるのはクレプトマニア当事者のみ、クレプトマニアから回復したいという思いがあれば参加できます。
医療機関にかかっていなくても、警察に捕まっていなくても、窃盗をやめられない状態から抜け出したいという思いがあれば参加できます

ミーティングでは話をしたい人から順番に話をしていきます。
言いっぱなし・聞きっぱなしが原則で他者から意見されることはありませんし、話をしなくなければ、パスをすることもできます。
またミーティングの内容は外には漏らさないことでお互いの安全性を守っています

そこではクレプトマニア当事者同士だからこそ分かり合えるような本音が語られ、話すこと・聞くことで得られることが多くあります

自助グループへの参加方法

自助グループへの参加は、特別な申し込みの必要はなく、会場に直接足を運べば大丈夫です。
自発的に集まっているのではっきりとした連絡先がない自助グループが結構あります。
最初は勇気がいりますが、ホームページなどの情報を頼りに直接現地へ足を運びましょう。

とはいっても不安な場合は、ホームページに連絡先があれば連絡してみるのもよいと思います。
返信がくるまで時間がかかることもありますので、焦らずに…。

続けることが大切

参加者の顔ぶれによってグループの雰囲気も様々です。

自助グループでは正直に自分の内面を明かす人も多く、初めて参加する人はその迫力に圧倒されてしまうこともあるかもしれません。
また、長く参加を続けている人は話すことに慣れているため、初めて参加する人はその様子を見て「わたしはあんなにうまく話せない」と怖気づいてしまうこともあり得ます。
そんなことから、参加当初は「自分には合わなそうだ」と感じてしまうこともあると思います

中には別のグループを探したほうがいい場合もありますが、判断は急がないほうが良いと思います。
最初の1~2回、あるいは5回くらいは違和感を持つことも多いです。
少なくとも3回以上は出席する努力が必要と書かれた本がありましたが、個人的には5回くらいは続けてみてもよいのではないかと考えます。

なぜこんなことを書くかというと、自助グループに通い続ける人・定着する人がとても少ないからです。
多くの場合はその自助グループがあっていないのではなく、「効果が出る前に諦めて通わなくなてしまう」のだと思います。
一度効果を感じて通うようになると、長くつながり続ける人が多くなります。
月に一回は仕事の合間を縫って参加するなど、参加頻度は低下してしまってもつながろうするのです。

また、しばらく通い続けていたが「もう大丈夫だと思った」・「仕事の都合で通えなくなった」など何らかの理由で通えなくなった人がスリップ(再発)して再び通うようになったという例も多くあります。

とにかく、続けることが大切と言えるでしょう。

早めの対策と続けることの大切さはこちらにも書いています。

現在活動しているKA

赤城高原ホスピタルのホームページに「KAの設立と発展」というページがあり、そこから現在の活動状況を知ることができます。

また、上記のページには載っていませんが、こちらも活動しています。

KA世田谷 … 京王線明大前駅から徒歩4分の会場で実施
         詳しくはHPをご覧ください。

その他のクレプトマニアの自助グループ

KA以外にもクレプトマニアの自助グループとして活動している団体があります。

 T.R.A.C.K.S. KANSAI Interseptors … 関西地域で活動しているクレプトマニアの自助グループです。

一人でも多くのクレプトマニアに悩む方がKAをはじめとする自助グループにつながってほしいと考えています。
「ここでも自助グループやっています」・「内容が間違っています」など、掲載情報に不備・不足がある場合は運営者までご連絡ください。
また、自助グループ参加などについてご質問があればお気軽にどうぞ。
⇒ 運営者への連絡はこちら

通えるクレプトマニアの自助グループがない時には

クレプトマニアの自助グループは数が少なく、通いたくても通えない人も多いと思います。

そんな時は、AA(アルコール依存症の自助グループ)やGA(ギャンブル依存症の自助グループ)など違うアディクション(依存行為)の自助グループに参加してみるのもよい方法です。

というのも、依存症者はアディクションは違っても根本に似たような問題を抱えていることが多いからです。
アディクションが違っても、依存症仲間の話を聞くことはとても意味があることです。

ミーティングには「クローズド・ミーティング」と「オープン・ミーティング」の2つがあります。
クローズド・ミーティングというのは当事者のみが参加できるもので、クレプトマニア当事者しか参加できないKAはこれにあたります。
一方、オープン・ミーティングは誰でも参加できるもので、当事者でなくてもご家族や違うアディクションの人なども参加できます
違うアディクションのミーティングに参加する場合には、オープン・ミーティングを探してみましょう。
ホームページなどに明記されている場合もありますが、心配であれば一度問い合わせをしてみるとよいと思います。

自助グループについてはこちらのサイトにも紹介されており、自助グループの検索などもできます。

自助グループポータル…当事者の当事者による当事者のための自助グループ情報サイト

依存症仲間の輪を広げることの意味についてはこちらにも書いています。

関連する項目はこちらです。

2020年2月14日回復への取り組み

Posted by You Takahashi