承認欲求・枯渇恐怖・損得勘定・自己憐憫

2021年7月7日

この4つの4文字熟語、クレプトマニアの特性として当てはまることが多いです。入院中も仲間と話をしていて、これらの感覚が似ていると共感することが多くありました。

承認欲求とは?

承認欲求とはアメリカの心理学者であるアブラハム・マズローが1943年に提唱した「欲求5段階説」の階層の一つです。

承認欲求(自己承認の欲求)とは、「他の人から認められたい・尊敬されたい」という欲求で、「自尊心の欲求」・「自我の欲求」とも呼ばれます。人は他の人とつながると、その中で「自分の存在を個人として認めてほしい」、「優秀だと認めてもらいたい」という欲求が生まれます。承認欲求が満たされると自分の存在価値に自信を持つことができますが、逆に満たされないと劣等感や無力感に襲われる可能性があります。

クレプトマニアはこの承認欲求が強い人が多いです。承認欲求が強いというのは、裏返せば承認欲求が満たされていないということであり、それにストレスを感じていると考えられます。 承認欲求を満たすために、万引きしたものを他人にプレゼントするという人も多くいます。プレゼントすることで承認欲求が満たされるため、その快感が忘れられずに万引きを繰り返してしまうという悪循環にはまりやすいパターンです。

「自己顕示欲が強い」というのも、自分の存在を認めてほしいという承認欲求が強いことの表れといえるでしょう。

枯渇恐怖とは?

「枯渇恐怖」とは、お金や生活用品など物質的なものや自分自身の人間的な価値や評価などがなくなったり減ったりすることに異常なほどに恐怖を覚える状態をいいます。今あるものが減ってしまうことに恐怖を覚えます。どんなにたくさんあっても、「減る」ということが怖くなります。10個あったら9個に減ることが怖く、100個あったら99個になってしまうことが怖いのです。

枯渇恐怖は摂食障害とクレプトマニアを併発している場合に多く見られますが、それには「生理的飢餓感」が影響していると考えられています。また、周囲からの愛情不足や他人からの評価が低いと感じた結果、「満たされない感覚」を持つことで「精神的飢餓感」が生まれ、枯渇恐怖につながることもあります。

枯渇恐怖によって引き起こされることの一つが「ため込み」です。ものがなくなってしまうことが怖いため、その不安を抑えるためにものをため込むようになります。生活消耗品や食品などのストックがないと不安になり、ストックのストックを用意し、さらにストックのストックのストックを用意したくなるといった具合にエスカレートしていきます。

溜め込みについてはこちらの項目でもご紹介しています。

また、お金についても減ることが怖いため、「レジでお金を支払う」という行為に強い不安を覚えることもあります。財布からお金が減っていくことに恐怖を覚えるのです。この、お金が減ることへの異常なほどの恐怖心から万引きに走ってしまうことがあります。

支払いへの恐怖を減らす工夫はこちらでご紹介しています。

損得勘定とは?

損得勘定とはものごとを「自分が得をするか?損をするか?」という判断基準で考えることです。程度の差はあるものの、多くの人がこの損得勘定を持っていると思います。「損をしないように行動したい」と思うのは、ごく自然なことですが、クレプトマニアにはこの損得勘定が強い人が多いです。

クレプトマニアで損得勘定が問題になるのは、損したと感じるとその分を盗って得をすることで穴埋めしようと考えてしまうことです。 また、損した気分を晴らすべく、「復讐をしたい」という思いにつながり窃盗行為に及んでしまうこともあります。

・違うお店で買ったものが、このお店では安く売っていて損した気分、その分盗って得をしてもいいだろう。
・スマホが壊れて、多額の修理代がかかって損した気分。万引きして取り返そう。
・仕事で私のせいではないのに怒られたのは損した気分。取り返すために万引きしよう。
・自分の持ち物が誰かに盗られてしまった。誰かに復習したい気分だから、盗ってしまえ。
このような考え方が、クレプトマニアにありがちな損得勘定です。

目先の損得勘定は損をすると言われ、損得勘定をする人は長い目で見ると損しがちです。損得勘定を強く持つクレプトマニアは、目の前の得に目が行ってしまい、万引きを繰り返してしまいます。万引きを続けていれば、いずれ捕まるという大きな損が目に入らなくなってしまうのです。

自己憐憫(じこれんびん)とは?

自己憐憫とは、自分のことをかわいそうだと思うことです。自己憐憫が強い人は「自分は他人よりかわいそうだ」、「私ほど不幸な人はいない」などと考えてしまいます。そんな自分を憐れむことで、周りからの注目を集め、特別扱いしてほしいという感情を抱いていると考えられています。また、自己憐憫の感情が強い人は物事を悲観的に見る傾向があります。例えば、10個の出来事のうち、良かったことが6個あったとしても、残りの4個が悪いことであればそちらにばかり目が向いてしまい、悪いことが全てのように感じてしまうのです。

クレプトマニにとって問題となるのはこの自己憐憫が窃盗を肯定する言い訳につながってしまうことです。「わたしは辛い状況をガマンし続けた不幸な人間だから、万引きしてもいいだろう」、「こんなに頑張っても報われないわたしはかわいそう、だから盗っても許されるだろう」、こんな言い訳(認知の歪み)で窃盗を繰り返してしまうことがあります。

共通するのが「満たされない感覚」

承認欲求・枯渇恐怖・損得勘定・自己憐憫、これらに共通するのが「満たされない感覚」です。

「心が満たされていないから、承認を欲する」、「心が満たされていないから、何かが減ることに強い恐怖を感じる」、「心が満たされていないから、ちょっとした損でも得をして取り返そうという心理が強く働く」、「自分は他人よりかわいそうだから、悪いことをしてもよいと思ってしまう」そのようなことが起こります。このように心理的・感情的な満たされない感覚を、物質的なもので穴埋めしようと窃盗欲求が起こってしまうと考えられます。

この「満たされない感覚」というのは、漠然としたものであり、その感覚に本人が気づいていないことも多くあります。まずは満たされない感覚があるということに気が付き、それを認めることが回復への大きな一歩になると思います。また、「満たされない感覚」があると気が付いても、すぐに消失させるのは難しいです。満たされない感覚を埋めるのにはその原因を探ることが大切だと思います。満たされない感覚が何によって引き起こされているのかを探ることは、回復し続けるためのヒントになるかもしれません

うまく対処する方法を考える

承認欲求・枯渇恐怖・損得勘定、これらを完全になくすというのはとても難しいことです。承認欲求、損得勘定は程度の差こそあれ、誰にでもあるものでなくせると思う方が無理があります。そのため、これらをなくすことを考えるより、上手く対処することを考えた方が現実的です。まずは溜め込まずに言葉や文字にして外に出すことをお勧めします。

これらの感情が強くなった時には窃盗衝動が強くなりやすいということを知っておくだけでも、対処しやすくなるのではないでしょうか?

関連する項目はこちらです。